鉄部塗装– シャッターや外階段などの鉄部塗装 –

鉄部塗装は、一般的には3~7年周期で

鉄部塗装とは、劣化した鉄骨の外階段や非常階段の扉、玄関扉、エレベーターの扉・枠、手すりなどの塗装工事を行うことです。
塗装は経年劣化によって色褪せや剥がれなどが生じ、放置していると錆びてしまい、美観や耐久性に影響を及ぼしてしまいますよね。
鉄部塗装は、一般的には3~5年の周期で行う必要があります。
環境によっても劣化度合いは異なるので、定期的な点検を怠らないようにしましょう。

鉄部塗装

鉄骨の外階段

鉄骨の外階段は、雨や風などの影響を受けやすいため、定期的な鉄部塗装が必要です。

鉄骨の外階段

鉄骨の外階段は、2~3年に1回程度の頻度で塗り替えがおすすめです。

非常階段の扉

非常階段の扉の鉄部塗装は、非常階段の安全性と美観を保つために重要な工事です。

非常階段の扉

非常階段の扉は、3~5年に1回程度の頻度で塗り替えがおすすめです。

エレベーターの扉・枠、手すりなど

エレベーターの扉・枠、手すりなどの鉄部塗装は、エレベーターの安全性と美観を保つために重要な工事です。

エレベーターの扉・枠、手すりなど

エレベーターの扉・枠、手すりなどは、5~7年に1回程度の頻度で塗り替えがおすすめです。

ガレージや雨戸、シャッターなど

ガレージや雨戸、シャッターなどは、鉄部が劣化やサビを防ぐために必要な工事です。雨や風などの影響を受けやすく、そのまま放置するとサビが発生し、見た目が悪くなるだけでなく、強度が低下して危険な状態になることも。

ガレージや雨戸、シャッターなど

鉄骨の外階段は、3~5年に1回程度の頻度で塗り替えがおすすめです。

外階段の塗装には、ウレタン塗料やシリコン塗料がよく使われます。
ウレタン塗料は鉄に、シリコン塗料はコンクリート(モルタル)によく使われる塗料です。

1平方メートルあたりの単価は、ウレタン塗料の場合1,700円前後、シリコン塗料の場合2,000円前後で施工が可能です。

鉄部塗装
鉄部塗装費用と相場の真実
鉄部塗装の費用

シャッター塗装の相場は、前にも触れたように、だいたい1,500〜3,000円/m2が相場です。
ただ、これは参考価格なので、具体的な費用は現地調査が必要です。
鉄骨階段などは、状態やサイズによって費用が大きく変わります。
まずは、無料見積もりをご利用ください!

しっかりと比較見積もりを取ることで、予算に合った業者を選べます。
また、オフシーズンに依頼すると、少しは安くなる場合も。
基本的な塗装以外にも、補修作業が必要な場合は別料金で追加費用という会社もありますので、あらかじめ確認しておくと安心です。

鉄の手すりや階段、シャッターなどが錆びてないか確認していますか? 錆びると言っても、ただ見た目が悪くなるだけじゃありません。
錆びて弱くなると、その部分が弱くなります。ひどくなると折れてしまう可能性も。
また塗装が剥がれると劣化スピードも早くなり、錆は塗装が剥がれたところから広がります。
塗装が剥がれてると、それだけ劣化が早く進むんです。
だからこそ、定期的な塗装メンテナンスは大切です。

鉄部の錆
錆びると危険

鉄骨階段が錆びてると、歩くのも怖くなってきますよね。何より、錆びてると強度が下がり、事故のリスクが高まります。

長持ちさせるために

ちゃんとした塗装をして、メンテナンスを怠らないことが大切です。定期的なチェックと塗り替えを検討しましょう。

業者選びもポイント

自分でDIYでする方も多くいらっしゃいますが、実はプロに任せた方が安心で費用対効果も◎。安心の塗料選定や塗装技術で長持ちさせます。

自分でやる場合とプロに頼む場合、
どっちがいいのか

比較1
塗装周期を把握しよう

外階段やシャッター、手すりや扉などの塗装はだいたい3~7年に一回必要です。
この期間を過ぎると、塗装の効果が落ちてきます。
ただ、これもお住まいの環境や気候、日差し具合でもことなります。
プロに点検を依頼すると、確実なメンテナンス時期を知ることができます。

比較2
重要なのはケレン作業とサビ止め

塗装前にはケレン作業でしっかりと下地を整え、サビ止め塗料を選ぶことが大切です。
これができないと、どれだけ塗っても意味がありません。
ご自身でDIYを行う際も、これができれば問題ないのではないかと思います。

比較3
費用

塗料だけでいえば、相場は1,500〜3,000円/㎡です。
プロに頼む場合は技術料なども含め、ご自身で施工するよりも多少高くなりますが、その分の安心と品質が手に入るります。また塗装の持ちもよくなるので、長い目で見ると費用対効果は変わらないことも。

結論

費用を抑えたいならDIY、でも失敗はしたくないならやっぱり業者依頼がベスト!

経験と技術があるから、しっかりとした仕上がりに。
何より、失敗のリスクが減ります。

メリット:

プロがやるから安全でキレイ。保証もついてるから安心。

デメリット:

費用がかかる。スケジュールが業者に依存する。

工程や材料選びに自信があれば、自分でやるのもあり。
でも、失敗したら二度手間なので、よく考えましょう!

メリット:

費用が抑えられる。やりたい時にできる。

デメリット:

専門知識がないと失敗する可能性が高い。作業に時間がかかる。

塗装する前の準備って何をすればいいの?って疑問も多いと思います。
ケレン作業やサビ止め、これらが塗装の成果を大きく左右しますよ。

鉄部メンテナンス
ケレン作業って何?

これは、既存の塗料やサビを取り除く作業です。
これを怠ると、新しい塗料がきちんとくっつかないので要注意です。

サビ止め塗料の選び方

サビが出やすい場所は、特にサビ止め塗料を塗ることが大事。
選ぶ際は耐久性と安全性を考慮しましょう。

プロによるメンテナンス

わからないことが多い場合、やはりプロに相談するのが無難。
適切なメンテナンスで、安全性と耐久性をしっかり確保しましょう。

時期と気温も考慮

塗装作業は天候にも左右されます。
最適な時期と気温で作業をすることで、失敗が減ります。

費用を抑えたいならDIY、そのサポート
クラフトホームは叶えます!

塗装のプロがDIYのコツを教えます!塗料選びのコツ・クロスの貼り方・塗り方など・・・詳細をチェック
劣化ランクが高いほど、早急に補修や塗装をオススメします。劣化ランクが低い場合でも診断をオススメします

色あせ・くすみ

色褪せた屋根

雨や紫外線にさらされることで顔料内の結合していた分子が切断され、変色が起こってることが原因です。

チョーキング

壁に手を擦り付けると白い粉が付いている様子

雨や紫外線による外壁の劣化で、外壁の表面にチョークのような白い粉が浮き出ている状態は外壁の防水性が低下しています。

カビ・藻

カビや藻のついた外壁

日当たりや風通しが悪い場所は藻やカビが発生しやすいので、防水性のある塗料でも経年劣化によって効果が薄れます。

コーキング

ひび割れたコーキング

コーキング材自体の劣化が原因です。劣化によってコーキング自体が収縮したり外壁から剥がれてしまうことがあります。

外壁のひび割れ

ひび割れた外壁

軽度なものは表面的な塗膜の劣化ですが、重度のひび割れの場合は建物自体の耐久性が低下する可能性があります。

外壁の剥がれ・ふくれ

塗膜が剥がれている外壁

外壁の塗膜がはがれている状態なので、そこに雨水が入ったり湿気がたまるとさらに悪化する可能性があります。

ぜひ無料外装診断をご利用ください

屋根や外壁は日々の雨風や紫外線から大切な住まいを守る役割を果たしています。
早めの事前対策を行うことで、お住まいをより長く美しく保つことができます。
外壁の専門家がお客様のお住まいを丁寧に診断し、診断結果をわかりやすくご説明いたします。ぜひご活用ください。

  • 近所で塗装工事をしていて、そろそろうちも・・・と気になっている方
  • 訪問営業にいろいろ言われて、不安に思っている
クラフトホームのスタッフ