外装リフォームでよくあるご質問

屋根・外壁塗装工事について

見た目に変化がなければ外壁塗装は必要ありませんか?

外壁塗装は、見た目の美しさとして美観を保つのも役割の一つです。
しかし、目的は他にもあり、雨水などが建物の内部に侵入することを防ぐなど、特に”防水性を保つ”という点で重要になってきます。
また、外壁のコーキング部分は劣化することで、ひび割れなどの現象が起きやすくなります。
それにより、防水の機能が低下してくるため、しっかりと防水の機能を確保するためにも定期的なお手入れが大切になってきます。

無料外装診断をしたら工事依頼をしなければいけませんか?

そのようなことはございません。診断や見積りは無料にて承っておりますので、他社と比較・検討していただいてかまいません。
お気軽にお問い合わせください。

ペットを飼っているのですが塗装は出来ますか?

ご自宅でペットを飼われていても外壁屋根の塗装は問題なくできます。
臭気の少ない水性塗料を選定したり塗装方法も考慮した上で対応しております。

塗装中に雨が降った場合はどうなりますか?

塗装中に雨が降った場合は基本的に作業を中止しております。高圧洗浄など雨の日にできる内容もあります。
また、雨が降りそうな日は予めその日の作業を中止する等の対策を行っております。

外壁と屋根の塗装は一緒に施工したもらった方がいいですか?

外壁塗装と屋根塗装を同時に行った方が、足場の設置が1回で済み費用を抑えることが出来るのでおすすめです。
また、次の塗装も同じタイミングできる・家全体を統一したデザインにできる・業者を探す時間や手間を省くことができる等のメリットもあります。

カラーシミュレーションとは何ですか?

カラーシミュレーションとは事前に建物をデジカメで撮影させていただき、その画像をパソコン上で外壁や屋根などの色を自由に変更して完成のイメージを見ていただくものです。
幾つかのパターンからよさそうなものを当社でお選びして、写真にプリントアウトして提案させていただきます。カラーシミュレーションから選んでいくことで工事完成後に「失敗した。イメージと違った」などというような事が起こりにくくなります。

カラーシミュレーションは無料ですか?

カラーシュミレーションは、無料です。
ですが写真加工が必要なためすぐにその場でお見せすることは難しく、少しお時間を頂きます。

建物の写真は自分で用意するのでしょうか?

建物のお写真はお客様にお撮りいただいたものでも対応可能ですが、当社が現場調査に伺った際にお声がけいただければ当社スタッフが撮影し対応いたしますのでお気軽にお声がけください。

その日に塗装する色を決めるのですか?

その日にお決めいただければ嬉しいですが、長い間その色でお住いになるものですのでじっくりご検討ください。
皆様のご意見を取り入れ、これにしよう!と決まったらご連絡をいただくようにしております。

塗料の種類が多くてよく分かりません。

塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ耐候性、美観、環境適応力に違いがあります。
クラフトホームでは、主に水性シリコン塗料や超耐候フッ素塗料など、環境と耐久性を考慮した高品質な塗料を使用しています。
お客様の住宅の状況やご希望に応じて、最適な塗料を提案させていただきます。

プランに含まれるサービスは何がありますか?

当社の塗装プランには、足場の設置、高圧洗浄、養生作業、外壁塗装(2~3回)、軒天塗装、破風塗装、雨樋塗装、そしてアフターフォローなどが含まれます。これにより、塗装前の準備から完成後のサポートまで、全面的にカバーしています。

プラン以外の塗装メニューはありますか?

はい、プランに含まれない特別な要望や追加の塗装も承っています。例えば、特殊な塗料の使用や、デザイン塗装、機能性塗料の追加施工など、お客様の具体的なニーズに応じたカスタマイズが可能です。具体的な内容はお見積もり時にご相談ください。

契約後に追加料金が発生することはありますか?

基本的には、契約時に提示した見積もりに基づいて作業を進めますが、施工中に未見積もりの必要工事が発覚した場合には、追加料金が発生することがあります。例えば、予期せぬ損傷の修理や特殊な材料の必要が明らかになった場合です。ただし、そのような状況が生じた場合には、追加工事の内容と費用について、必ずお客様にご説明し、ご了承を得た上で進めます。

屋根工事に火災保険は適用される?

屋根工事に火災保険が適用されるかどうかは、火災保険の契約内容によって異なります。
一般的に、火災や落雷、風水害などの自然災害が原因で発生した屋根の損傷は、火災保険の補償対象となります。

ただし、経年劣化による屋根の損傷は、火災保険の補償対象外となります。
また、台風や地震などの自然災害が原因で発生した屋根の損傷でも、保険会社が免責と判断した場合は、火災保険の補償対象外となります。

火災保険を適用するには、どのような手続きが必要?

火災保険を適用するには、まず、火災保険の契約内容を確認し、補償対象となるかどうかを判断します。
補償対象となる場合は、保険会社に被害状況の報告を行い、保険金請求の手続きを行います。
保険会社から保険金の支払いが決定した場合、保険金の受取りを申請します。保険金の受取り後、屋根工事を実施します。

火災保険適用のサポートを受けるには、どうすればよい?

火災保険適用のサポートを受けるには、火災保険の申請代行業者に依頼しないように気をつけてください!
申請代行は禁止されております。

当社では保険会社との交渉や書類作成などは行いませんが、そのための撮影やご準備、記載内容のご相談などをサポートいたします。
ご相談時に「火災保険申請も相談したい」と一言お伝え下さい。

屋根工事の火災保険適用で注意すべきことは?

屋根工事の火災保険適用で注意すべき点は、以下のとおりです。
「火災保険の契約内容を確認」「被害状況を正確に報告」「保険金請求の手続きを速やかに行う」「屋根工事を適切な業者に依頼する」
上記の内容に、誠実に向き合ってくれる業者に依頼するようにしてくださいね。

屋根リフォームについて

お見積もりは無料ですか?

はい、当店ではお見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

急な依頼は受け付けていますか?

急な依頼も、できる限り対応させていただきます。
ただし、状況によってはすぐにお伺いできない場合もありますので、事前にご相談ください。

雨樋の修理は自分で行うことができますか?

小さな修理なら自分でも可能ですが、専門的な知識や技術を必要とする複雑な修理は専門業者に依頼することをお勧めします。
特に高所での作業は危険ですので、経験と適切な安全装備を持った業者に依頼しましょう。

雨樋の掃除やメンテナンスの頻度はどれくらいですか?

一般的に、雨樋の掃除やメンテナンスは年に1~2回を推奨されています。
しかし、木の多い地域に住んでいる場合や、台風などの悪天候後は頻繁に行うことが望ましいです。

雨樋の修理費用はどれくらいかかりますか?

修理の内容や雨樋の素材、損傷の程度によります。一般的に、部分的な修理は数千円から、難易度の高い修理あるいは全体の交換では数万円〜十数万円かかることがあります。具体的な見積もりや当社の参考費用についてはこちらをご参照ください。

雨樋の交換にどれくらい時間がかかりますか?

雨樋の長さや難易度にもよりますが、一般的には1日から数日程度です。

雨漏り対応について

お見積もりは無料ですか?

はい、当店ではお見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

急な依頼は受け付けていますか?

急な依頼も、できる限り対応させていただきます。
ただし、状況によってはすぐにお伺いできない場合もありますので、事前にご相談ください。

雨漏りの修理にはどれくらいの時間がかかりますか?

修理にかかる時間は、雨漏りの原因や修理箇所や修理の規模などによります。一部の修理であれば数時間で終わることもありますが、大規模な修理だと数日以上かかることもあります。一般的には3日~1週間となっています。

どういったサインから雨漏りに気づくことができますか?

壁や天井の湿った跡やシミ、ペンキのはげ、カビ、異臭などがある場合、それらは雨漏りの可能性を示しています。
また、雨が降ったあとに一部だけ床が濡れているといった症状もひとつのサインです。

雨漏り修理の費用はいくらくらいですか?

雨漏りの修理費用は、その原因や修理箇所、修理の規模や使用する材料などによって大きく変わります。
見積もりを取って具体的な費用を知ることが一番確実です。

修理後もまた雨漏りが発生することはありますか?

雨漏りの原因がすべて修復され、適切な防水処理が施されていれば基本的には再発はありません。しかし、何らかの理由で新たな雨漏りが発生することもあります。そのためにも、当社でもアフターフォローサービスをご案内させていただいております。