塗装工事をお考えの方へ– お住まいを新しい輝きで包み安心を –

なぜ、屋根や外壁の塗装がそんなに大切なのでしょうか? その答えは、季節ごとの厳しい気候が、私たちの住まいを守る屋根や外壁に大きな負担をかけ、劣化を加速させるからです。 この劣化を放置すると、見た目の問題だけでなく、建物自体の寿命にも影響を及ぼし、快適に過ごすための環境を守ることができなくなります。特に、外装の劣化は一番最初に始まり、小さな亀裂から雨水が侵入し、家の内部構造への深刻なダメージにつながる恐れがあります。

そうならないためにも、屋根と外壁の塗装は、10~20年ごとの定期的なメンテナンスが不可欠です。また、この二つをセットで行うメリットは、足場設置のコストを節約できるだけでなく、住まい全体の保護を一貫して行える点にあります。

塗装
耐候性を向上させる

塗装を行うことで、紫外線、雨、風といった厳しい外的要因から住まいを保護し、耐候性を高めることができます。これは、長期的に見て建物のメンテナンスコストを低減させることにもつながります。

美観の回復

外壁や屋根の塗装を新しくすることで、建物の外観を一新し、美しさを取り戻すことができます。これは、単に見た目を良くするだけでなく、住まいの価値を維持、あるいは向上させることにも繋がります。

機能を付加

例えば、熱反射塗料を使用すれば、夏の暑さを軽減させることが可能です。また、防カビ・防藻性能を持つ塗料を選べば、湿気が多い地域でも建物を長持ちさせることができます。

置するとどうなる?

  • 住宅の美観が損なわれる
  • 断熱性・防水性の低下で雨漏りや害虫が発生
  • 構造的な問題が発生し、建物の寿命が縮む
  • メンテナンス費用が高くなる

屋根や外壁の塗装を放置することは、短期的には目立たないかもしれませんが、長期的に見ると家の寿命を縮め、経済的負担を増大させる原因となります。定期的なメンテナンスと適切な塗装の更新は、家を守り、快適な生活を維持するために不可欠です。

放置すると
築8〜10年が経過したとき
塗料の耐用年数が過ぎたとき
劣化症状が出たとき
劣化ランクが高いほど、早急に補修や塗装をオススメします。劣化ランクが低い場合でも診断をオススメします

色あせ・くすみ

色褪せた屋根

雨や紫外線にさらされることで顔料内の結合していた分子が切断され、変色が起こってることが原因です。

チョーキング

壁に手を擦り付けると白い粉が付いている様子

雨や紫外線による外壁の劣化で、外壁の表面にチョークのような白い粉が浮き出ている状態は外壁の防水性が低下しています。

カビ・藻

カビや藻のついた外壁

日当たりや風通しが悪い場所は藻やカビが発生しやすいので、防水性のある塗料でも経年劣化によって効果が薄れます。

コーキング

ひび割れたコーキング

コーキング材自体の劣化が原因です。劣化によってコーキング自体が収縮したり外壁から剥がれてしまうことがあります。

外壁のひび割れ

ひび割れた外壁

軽度なものは表面的な塗膜の劣化ですが、重度のひび割れの場合は建物自体の耐久性が低下する可能性があります。

外壁の剥がれ・ふくれ

塗膜が剥がれている外壁

外壁の塗膜がはがれている状態なので、そこに雨水が入ったり湿気がたまるとさらに悪化する可能性があります。

外壁塗装では塗装してはいけない条件

  • 気温5℃以下
  • 気温35℃以上
  • 湿度85%以上
  • 結露が発生する
  • 強風のとき
  • 塩害が起こる

外壁塗装に適した季節はやはり春です。
梅雨や台風が来襲する地域のうち雪がふらない場所なら、春を選べば間違いありません。
外壁塗装では塗装してはいけない条件があります。このうち1つでも当てはまる場合は原則として外壁塗装はできません。
この条件で無理に塗装をすると、乾燥不良が起こり塗膜がはがれやすくなるなどのデメリットがあります。
※ただし、雨でも塗装が可能な塗料シリーズがあります。

春

春に外壁塗装をするメリットは、気候が安定していることです。寒すぎず暑すぎないうえに雨が降りにくいため、外壁塗装に最適な季節です。

夏

夏は気温が高く塗料が乾燥しやういですが、気温が35℃を超える状態での塗装は塗り方に工夫が必要です。また梅雨の時期は避けなくてはなりません。

秋

秋に外壁塗装をするメリットは、気温が高すぎず低すぎないことです。基本的に春と同じ気候条件のため、台風の時期をのぞけば外壁塗装に適した季節です。

冬

冬は空気が乾燥していることで塗料が乾きやすいですが、気温が5℃を下回る地域は塗料の乾燥不良を引き起こしますので、真冬の工事は避けます。

クラフトホームの塗装工事の特徴

高品質な材料

クラフトホームは、屋根や外壁の塗装において、最高品質の材料を使用することにこだわっています。
高品質な塗装材料の選択は、建物の耐久性、美観、さらには全体の機能性を高める鍵となります。
耐候性や色あせに強い塗料を用いることで、長期間にわたり建物を保護し、見た目の美しさを維持します。
当社では、研究に基づいた塗料を選定し、耐久性だけでなく、環境への影響も考慮した塗装を実現しています。

お約束

私たちは、塗装材料の品質に妥協せず、お客様の家を最高の状態に保つことをお約束します。

経験豊富な職人

塗装工事は、厳選された経験豊富な職人によって行われます。
当社の職人は、塗料の適正な使用方法から、塗装の各工程に至るまで、高い技術を持っております。
クラフトホームでは、一般的な塗装業者が見落としがちな、塗料の使用缶数の管理や塗り回数、乾燥時間の遵守など、細部に至るまで注意を払います。
この徹底した品質管理により、高品質で長持ちする塗装をお客様に提供しています。

お約束

当社は、経験と技術に基づき、一貫して高品質な塗装工事を行うことをお約束します。

環境に配慮した塗料

近年の塗装業界では、環境への影響が重要な検討事項となっています。
クラフトホームでは、環境に配慮した塗料の選択に力を入れており、持続可能性を重視した製品を使用しています。エコフレンドリーな塗料の選定は、地球環境への配慮だけでなく、住宅に住む人々の健康を守ることにも寄与します。当社は、有害物質の排出を抑えると共に、塗料の効果を最大限に発揮するために、環境に優しい塗料を選び続けています。

お約束

環境に優しい塗料を使用し、持続可能で責任ある塗装工事を行うことをお約束します。

中野区S様邸屋根・外壁塗装

施工後

中野区S様邸

板橋区M様邸 玄関ドア塗装

板橋区m様邸

荒川区K様邸シャッター塗装

荒川区K様邸

板橋区T様邸改修工事『軒天・破風板塗装』

板橋区T様邸改修工事『軒天・破風板塗装』

板橋区T様邸

STEP
ご相談
ご相談

お客様の塗装に関する要望やお悩みをヒアリングします。具体的な心配事や期待を共有し、最適なサービスを提案できるようにします。

STEP
資格者が診断
資格者が診断

弊社の国家資格者がお客様のお家の工事箇所を現状確認します。塗装のプロとしてきちんとポイントを絞って丁寧に拝見します。

STEP
結果報告&ご提案
結果報告&ご提案

調査結果について報告書をもとにご説明した後、お客様のお好みにあった色を、色見本やシミュレーターを使って見つけていきます。

STEP
見積書・プラン提出
見積書・プラン提出

工事内容・費用の確認・工事開始日~完成日までの流れ、保証内容など速やかに行います。お客様が安心していただける見積りを目指しています。

STEP
ご契約
ご契約

工事内容、予算、納期をすべてご納得いただいてからお付き合いの始まりです。お客様の快適な住まいを実現いたします。

STEP
最終お打ち合わせ
最終お打ち合わせ

色見本やシミュレーターを使い、塗料や基材の色決めをします。お客様にとことん納得していただけるよう努めてまいります。

STEP
着工
着工

工事中は担当者が工事監督を務め、現場チェックや進行状況の確認を行います。工事前には近隣の方へ挨拶を行います。

STEP
完了
完了

工事終了後、私たち独自の検査(塗装品質チェック)を行います。細かな部分まで確認した後、お客様立会いのもと、一緒に確認していただきます。

STEP
アフターフォロー
アフターフォロー

工事内容に自信があるからこそ、最長10年の工事保証書を発行。お客様アンケートと引き換えに保証書をお渡しさせていただきます。

工事期間約2週間
STEP
着工
DAY
足場の仮説
DAY
高圧洗浄
DAY
下地処理と養生
DAY
屋根塗装(下塗り)
DAY
屋根塗装(中塗り)
DAY
屋根塗装(上塗り)
DAY
屋根塗装(下塗り)
DAY
屋根塗装(中塗り)
DAY
屋根塗装(上塗り)
DAY
付帯部の塗装
DAY
点検と最終仕上げ
DAY
お引渡し前点検と足場の解体・撤去
STEP
完工

工事期間中の流れは、まず足場の仮設から始まります。
これは安全に作業を行うための基盤を築く大切なステップです。

次に、外壁や屋根の洗浄を行い、塗装前の下地処理をします。
この段階で、細かいひび割れや損傷箇所を修復し、塗装の品質を保証するための準備を行います。その後、実際の塗装作業に移り、数回にわたって塗料を丁寧に塗り重ねていきます。

全ての塗装作業が終わった後は、仕上げのチェックを行い、細部まで丁寧に点検します。最終的に、お客様にご満足いただける仕上がりを確認していただいた後、足場を解体し、撤去します。
この一連の流れを通じて、安全かつ高品質な塗装工事を提供しております。

工事期間

ぜひ無料外装診断をご利用ください

屋根や外壁は日々の雨風や紫外線から大切な住まいを守る役割を果たしています。
早めの事前対策を行うことで、お住まいをより長く美しく保つことができます。
外壁の専門家がお客様のお住まいを丁寧に診断し、診断結果をわかりやすくご説明いたします。ぜひご活用ください。

  • 近所で塗装工事をしていて、そろそろうちも・・・と気になっている方
  • 訪問営業にいろいろ言われて、不安に思っている
クラフトホームのスタッフ

Y様 (練馬区)

クラフトホームさんに外壁塗装をお願いして本当に良かったです。初めてのリフォームで不安でしたが、丁寧な説明と迅速な対応で安心しました。仕上がりもとても綺麗で、近所からも褒められます!

S様 (練馬区)

屋根の葺き替えを依頼しましたが、職人さんの手際が良く、予定より早く完成しました。
作業も非常に丁寧で、細部にわたる心配りが感じられる仕事ぶりに大満足です。

I様 (練馬区)

補強を含む外装リフォームをクラフトホームさんに依頼しました。補助金の申請から施工まで一貫してサポートしてくださり、大変助かりました。これで地震が来ても少し安心です。

H様 (練馬区)

古くなった家を何とかしたいと思い、クラフトホームさんに相談しました。色選びから施工まで、こちらの要望を丁寧に聞いてくれて、思い通りのきれいな外壁になりました。プロの技術を感じる素晴らしい工事に感謝してます。

見た目に変化がなければ外壁塗装は必要ありませんか?

外壁塗装は、見た目の美しさとして美観を保つのも役割の一つです。
しかし、目的は他にもあり、雨水などが建物の内部に侵入することを防ぐなど、特に”防水性を保つ”という点で重要になってきます。
また、外壁のコーキング部分は劣化することで、ひび割れなどの現象が起きやすくなります。
それにより、防水の機能が低下してくるため、しっかりと防水の機能を確保するためにも定期的なお手入れが大切になってきます。

無料外装診断をしたら工事依頼をしなければいけませんか?

そのようなことはございません。診断や見積りは無料にて承っておりますので、他社と比較・検討していただいてかまいません。
お気軽にお問い合わせください。

ペットを飼っているのですが塗装は出来ますか?

ご自宅でペットを飼われていても外壁屋根の塗装は問題なくできます。
臭気の少ない水性塗料を選定したり塗装方法も考慮した上で対応しております。

塗装中に雨が降った場合はどうなりますか?

塗装中に雨が降った場合は基本的に作業を中止しております。高圧洗浄など雨の日にできる内容もあります。
また、雨が降りそうな日は予めその日の作業を中止する等の対策を行っております。

外壁と屋根の塗装は一緒に施工したもらった方がいいですか?

外壁塗装と屋根塗装を同時に行った方が、足場の設置が1回で済み費用を抑えることが出来るのでおすすめです。
また、次の塗装も同じタイミングできる・家全体を統一したデザインにできる・業者を探す時間や手間を省くことができる等のメリットもあります。

劣化ランクが高いほど、早急に補修や塗装をオススメします。劣化ランクが低い場合でも診断をオススメします

色あせ・くすみ

色褪せた屋根

雨や紫外線にさらされることで顔料内の結合していた分子が切断され、変色が起こってることが原因です。

チョーキング

壁に手を擦り付けると白い粉が付いている様子

雨や紫外線による外壁の劣化で、外壁の表面にチョークのような白い粉が浮き出ている状態は外壁の防水性が低下しています。

カビ・藻

カビや藻のついた外壁

日当たりや風通しが悪い場所は藻やカビが発生しやすいので、防水性のある塗料でも経年劣化によって効果が薄れます。

コーキング

ひび割れたコーキング

コーキング材自体の劣化が原因です。劣化によってコーキング自体が収縮したり外壁から剥がれてしまうことがあります。

外壁のひび割れ

ひび割れた外壁

軽度なものは表面的な塗膜の劣化ですが、重度のひび割れの場合は建物自体の耐久性が低下する可能性があります。

外壁の剥がれ・ふくれ

塗膜が剥がれている外壁

外壁の塗膜がはがれている状態なので、そこに雨水が入ったり湿気がたまるとさらに悪化する可能性があります。

ぜひ無料外装診断をご利用ください

屋根や外壁は日々の雨風や紫外線から大切な住まいを守る役割を果たしています。
早めの事前対策を行うことで、お住まいをより長く美しく保つことができます。
外壁の専門家がお客様のお住まいを丁寧に診断し、診断結果をわかりやすくご説明いたします。ぜひご活用ください。

  • 近所で塗装工事をしていて、そろそろうちも・・・と気になっている方
  • 訪問営業にいろいろ言われて、不安に思っている
クラフトホームのスタッフ